お客様からびっくりするほど美しいヒマラヤスギの松ぼっくり(杉ぼっくり?)をいただきました。あまりに美しく、繊細な姿なので、ご紹介したくて・・・

まずは全景。


まだ枝についている状態です。最大直径が8cmくらいの大きさです。あまりの繊細さに「ミルフィーユ」みたいと思ってしまいました。

 

なんと、この松ぼっくりはこのまま、そっくり落ちるのではなく、先端の一部と中心部を残して、一挙にその果麟がハラハラと落ちてしまうそうです。ですので、松ぼっくりの形のままで私たちの目にすることが難しいのですね。残ったその先端は後になって落ちるそうですが、その先端部が・・・下の画像です。


まるで、バラの花のようです。この部分を「シーダーローズ」と呼ぶそうです。リースにつけてあったりするのを見かけたことがありませんか?

実は、このシーダーローズを昨年、異なったお客様からいただいたており、この画像のはその時のものです。ご来店の折、花のような松ぼっくりを持っておられて、あまりきれいなので、きれいですね・・とお声をかけたら、なんと、翌朝お店の前にたくさん置いておいて下さって・・お名前も分からず、御礼も申していません。もし、このCoCoLoGをご覧いただいてたら、遅ればせながらお礼を申し上げます。

その時はシーダーローズのことは全く知識がありませんでした。松ぼっくりの先っぽとは・・・

これが、枝に残った中心部です。尖ったほうにシーダーローズが付いていた訳です。


ヒマラヤ杉の松ぼっくりのお話。自然のワンダーですね。ワンダフル!!


  

Comment
こんなバラみたいな松ぼっくりがあるんですね。
日本で買えたりしたらいいのになぁ~。
今度、Cocoroさんで置いてくれたら嬉しいです。
  • ライムローズ
  • 2011/12/25 22:53





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM