JUGEMテーマ:ナチュラル雑貨・インテリア

 

八月に入り、長い梅雨の後の急な厳しい暑さ。

身体がついていけない感じがいたします。

外に出るのも怖いような気温が続く吹田です。

 

昨日から一か月間のお休みを頂戴いたしております。

申し訳ございません。

 

明日から、3人の子供たちの家族が今回はバラバラと集まります。

出入りが多い1週間余りになりそうな我が家です。。。

 

そして、、、

先日、東京の展示会で出会ったお人形たち。

インドからやって来てくれました!!

 

 

 

 

このお人形さんたちは

アフガニスタンから止む無くインドに避難しておられる女性たちの手作りです。

生地はインドの大手衣料会社から出る端切れ布のアップサイクル。

そして

インドの社会企業 「SilaiWali」(シライワリ:ソーイング)にて作られています。

 

そのSilaiwaliを立ち上げた方の一人が

フランス生まれで大学もフランスでご卒業の女性。

その方のがデザインを担当されたとのこと。

裁縫、刺繍、ミシンのお得意なアフガニスタンの女性たちが、お得意をそれぞれ生かして

こんなに素敵な作品に仕上がっています。

どこかヨーロッパのかほりが漂っているように感じるのは私だけでしょうか。。。

 

先日の展示会でのこちらのMade 51のブースでは、アフリカの手編みのカゴ、織物、彫金などなどたくさんの

難民の方々の職人さんたちによる作品が並び、このお人形は数ある手作り作品のほんの一部。

 

避難先のお国でも、故郷で身に付けられた得意な分野を生かして

アルチザン(職人)さんになる・・・

そして、ご自分でその避難地での生活を築けるように!!との

目的をもって

UNHCR( 国連難民高等弁務官事務所)が立ち上げた

Made 51」プロジェクト。

 

世界中の難民の方々から職人さんたちを集め、その故郷の文化、技術を生かしつつ

世界の息吹も吹き込んでの品々。それらの世界での販売ルートの確立を目指しておられるようです。

 

 

Silaiwali人形は

縫製も刺繍もとても丁寧に作られている人形たちです。

 

インド亜大陸の民族衣装クルタの子、

 

 

アフガンドレスの子

 

 

カフタン(イスラム教文化圏の民族衣装)の子、

 

 

スカートとブラウスの子、ワンピースの子などなど。

 

 

 

 

 

身長は45僂曚鼻

価格は4200円。

手も足も曲げることもでき、所作の表情も作れます。

 

また、ベッド代わりになるボックスとマットレス、枕、薄い掛物、

そして箱ごと入れられる長いトートバッグも付いています。

 

 

 

 

 

 

これから、一体ずつネットサイトに掲載して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

厳しい暑さが続きそうです。

皆さまどうぞ、お身体お気をつけていただいて

ステキな夏2019を!!

 

9月6日(金)から秋のバージョンの小部屋で

この子達と一緒に

皆さまのお運びをお待ち申し上げます。

 

 

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM