長い間CoCoLoGの更新ができませんで、申し訳ございません。

 

1999年にCoCoRoを開店いたしまして以来、おもちゃのCoCoRoは

多くのちびっこちゃんはじめ

皆さまに大変可愛がっていただきました。心からお礼を申し上げます。

 

 

開店の時にJJが70歳になるまでCoCoRoを続けて行きたいとの想いでのスタートでございました。

そのJJはもうすぐ72歳になります。

 

ここ2-3年、体力、記憶力、持続力など色々な体の力が衰えはじめ、

今まではスムースにできていたことに、時間がかかりすぎるようになり、一時に一つのことしかできなくなって参りました。

でも、もう少し・・お子さん達が待っててくれてる・・・と二人でお互いに言い聞かせながら・・でございました。

が、やはり、色々な面から限界を感じて、本当に残念なのですが、おもちゃのお取り扱いを止めることといたしました。

それは

膨大なアイテム数のおもちゃのお取り扱い数を減らしてみようと考えたとき、線引きが難しいという理由からです。

全てのおもちゃは、どこかで繋がっていて、、、。これを取り扱うが、これは取り扱わないということが

大変難しいと感じているためです。そこで、おもちゃの取り扱いを止めさせていただこうと決心に至った次第です。

 

お近くの皆さまにはDMでお知らせさせていただきました。

Webサイトをご覧いただいておりますお客さまには、こんなにご報告が遅くなり、

本当に申し訳ございません。閉店の仕事に追われておりました。ごめんなさい。

 

でも、北欧などからのクリスマスアイテムや、リビング小物など、セレクト可能な雑貨はアイテム数を少なくすれば

続けることができる・・と考えております。

アトリエCoCoRoのスペースはそのためには広すぎまして。。。で、本当に残念ですがとりあえず、5月末をもちまして

今のCoCoRoを閉店をさせていただきました。

 

本当に長い間、ご愛顧いただきまして、ありがとうございました。

 

お近くのお子さんやお客さまが大勢お集まり下さり、サプライズパーティーを開いて下さり、

「ありがたくて幸せな閉店」を迎えることができました。

本当にこの上なくうれしく、ありがたく、感謝感謝でございました。

 

準備の間は外で待ってて下さいと言われ・・・

皆さんお持ちより下さって・・・・

 

店内狭いくらいのたくさんの方々・・・

 

どのようにご準備いただいたのか、多くの方々からのヴィデオメッセージまで

 

壁面にもいっぱいの嬉しいお言葉が・・・

 

 

 

 

 

本当に長い間、ありがとうございました。

ようやく、本当にようやく、自信を持って高価なおもちゃをお薦めできるようになって参りましのですが。。。

 

17.5年でたくさんの心の財産をいただきました。

多くの方々との繋がりをいただきました。

たくさんの情報も教えていただきました。

家族のようにお付き合いをさせていただく方々が増えました。

cocoroから感謝です。そしてこんなにも幸せな気持ちで閉店をさせてうただけましたこと、

ありがとう、幸せ者です!という言葉以外に見つかりません。ありがとうございます。

 

新しいCoCoRoのOPENに向けてしばらく休憩をいただき、

秋からの第2のステージを目指します。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

第3弾は伝承したい「日本の文化」から・・・

 

       『五月節句瓶子の飾り』by Ms. S. Ozaki

        (瓶子とはお酒をいれる瓶のこと。こちらは曲げわっぱの酒器に・・・)

 

 

最近、日本古来の文化に強く惹かれるようになりました。

そして、自分の国の文化なのに知らないことだらけ、、、と

とても恥ずかしく感じています。

たとえば 和紙のお祝い袋などの折り方やお作法。

 

そして、風呂敷の包み方いろいろ。

長いもの、丸いもの、四角いものなんでも包める風呂敷。

小さな箱からスイカまでいろいろなサイズも大丈夫な風呂敷。

包むだけでなく、カバンになったりもする風呂敷。

その便利できれいな包み方がたくさんありそう・・・

 

幸いにもCoCoRoのお客さまに、この日本の文化に注目されて、研究なさって

それを分かりやすく、ハードルを下げて教えて下さる先生がおられるんです!! 

 

今回、ご無理をお願いしたら、嬉しいことに

2種のWorkshopを開いてくださることとなりました。

 

まずは

 

「折形(おりかた)ことはじめ -日常にすぐに使える-」

 

      『胡麻塩包み(五月節句)』by Ms. S. Ozaki

      (節句でお祝いのお餅に添えるきな粉や胡麻塩を包む折形)

 

日時:4月9日(日)10:30〜12:00

場所:CoCoRo

参加費:1,500円

先着7名様

 

お申込みは4月6日(木)までに

電話:06-6875-1065

Mail: mail@a-cocoro.com

までお願いいたします。

 

恥ずかしいですが【折形:おりかた】という言葉自体を昨年、初めて知りました。

 

進物などを紙で包む方法には、既に600年も前から伝統を持つしきたりや礼法があるそうです。中身と一緒に送る側の気持ちも一緒に贈る、今も大切にしたいしきたりですね。。。

 

身近な所ではお赤飯に添える胡麻塩や おはしの包み方や、

帯、扇子などの包み方などなど

数えきれない程の数の「折形」があるそうです。

 

今回は端午の節句に因んだ「折形」をはじめ、

例えば、ちょっとした心づけをお渡しするときなど

日常生活にすぐに使える「折形」の折り方を紹介していただきます。

 

想いを表す日本文化「折形」の世界を、ぜひこの機会にご体験ください。

そして

午後からは

 

お子さんもご一緒に

「ふろしきのつつみかた教室」

 

                  ふろしき包み いろいろ by Ms. S. Ozaki

 

日時:4月9日(日)

   。隠魁В械亜腺隠機В娃亜

   ■隠機В隠機腺隠供В苅

場所:CoCoRo

参加費:800円

各セッション先着7名さま

 

お申し込みは

電話:06-6875−1065

Mail: mail@a-cocoro.com

までお願いいたします。

 

ふろしきは先生がご用意くださいますが、お家からお持ちいただいてもOKです。

 

風呂敷、日本独自のラッピング?おカバン?

なぜ「ふろしき」って呼ぶの?

長いもの、丸いもの、いろいろな形のものを包んだり、カバンにして持ち運んだり

そして、何度も利用可能!最強の「エコ」ですね。

 

お子さん向けにはペットボトルを、大人の方にはワインボトルの包み方などなどなど。

そしてトートバッグならぬ、風呂敷バッグにする方法も。

ご自宅から包んでみたいものをお持ちいただいても。。。

 

いろいろな包み方を教えてもらって、普段生活に活用しませんか?


講師をして下さる尾崎 聡子先生ご紹介

社会法人全日本ギフト用品協会から大阪認定校と認定されている

【ラッピング工房・OZ】(摂津市)を2002年から主宰されています。
関西を中心に、カルチャーセンター講師やNHK TV「おしゃれ工房」にご出演、

京・恵比寿のウィンドウディスプレイ、

梅田阪急百貨店の10Fラッピングペーパー売り場のラッピングサンプルなどを

手掛けられるなど幅広くご活躍の先生です。

 

また、ふろしき研究会に1995年から入会されて研究をなさっており、

本年2月に風呂敷一枚で永遠の愛を結びに表現された作品「インフィニティ ∞」(下の画像)は

ラッピング大賞の佳作を受賞されております。

 

                        「インフィニティ ∞」 by S. Ozaki

 

日本古来の伝統文化を現代の、そして西洋のラッピングと上手に融合させて、

日常に使いやすい「和」の世界を提案されたり、発案されたり、、、

お風呂敷一枚で、こんなことが・・・

尾崎先生のそんなところがとても素晴らしくて、個人的に先生の素敵な魅力!だと思っております。

 

是非、ご一緒に「和の世界」をしばし、楽しませていただきませんか?

 

 

 

さぁ みんなで一緒に

【イースターエッグを作ろう】 お子様向け(5歳位〜)

 

 

上の画像はイメージです。実際のバスケットはこれとは異なり、

お好きなのをお選びいただこうと思いますが、

このようにアーティフィシャルフラワーを添えて・・・完成!

 

日時:4月1日(土)

   13:00〜

   15:00〜

参加費:1,200円(3個の卵さんをバスケットに入れてお家で飾れるようにアレンジ)

 

お申し込みは3月27日(月)までに

 

お電話/FAX:06-6875-1065

Mail: mail@a-cocoro.com

までお願いいたします

 

各コース5名様

 

ゆで卵に可愛い色を付けてデザインを施し、

それをバスケットに詰めてお花をアレンジして出来上がり!

 

さて、、、

イースター(Easter)とは・・・

復活祭、キリストの復活をお祝いするお祭りです。

キリスト教徒の皆さんはクリスマスと同じように家族でお祝いするそうです。

Easterの名称は今のデンマークやドイツ周辺に伝わる春の女神の名前からとのこと。

 

いつ・・・

イースターの日付はその年によって異なり、

「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」だそうです。

ちなみに今年は4月16日。ただ、ギリシャ正教など東方教会の場合は少し異なるようです。

 

なぜ卵やウサギ・・・

イースターの象徴としてウサギや卵が使われています。

 

 

【卵】は命の誕生を意味するものとしてキリスト教では重要なものだと伝えられています。

 

 

 

 

【ウサギ】はたくさんの子供を産むことから豊かな生命の象徴として。

 

 

 

 

イースターのお祝いの日には卵でお庭などでエッグハントやスプーンレースなどのゲームを楽しんだりもします。

その時に使われるのが

「イースターエッグ」

 

綺麗に色付けされいるあの可愛い卵です。

 

今回はアメリカのキットが手に入りましたので、

ゆで卵にデザインや色付けをします。

 

この会社(PAAS)はイースターエッグ作製キット販売では135年の実績がある会社です。

フードセイフのカラーを使って卵を染めます。

 

染める前にクレヨンで絵をかいても、染色後に色々なステッカーを張っても。。。

お好きにデザインしましょうね。

 

関東に住むクラフト教室を長年進めている娘がお手伝いいたします。

 

 

 

 

お子さんはもちろん、どなたでもご参加いただけます。

4月最初の日の午後のひととき。

小さなウサギさんでいっぱいのCoCoRoで

すこし、まったりとクラフト時間をご一緒にいかがでしょうか?

お申し込みをお待ち申し上げます。

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM